2015年02月03日

【報告】1/31 神谷宥希枝の独立宣言 ザ☆オーディションvol.7 浜松地区選考

さて報告が遅くなりましたが、1/31(土)はK-mixのオーディションの地区選考に出てきました!
と言うか報告が遅いのはもはや当たり前的な空気になってるMAST。できごとがあるや否やタイムリーに報告とかしてたらそれはそれで読者の度肝を抜く感じもしなくもないんですけども。とかっていちいち冒頭で余計なこと書きます。

で、オーディション地区選考、結果は残念ながら、本選進出はできず!

それでも審査員の方から
『凄く"MASTだよね"という感じがして、オリジナリティという視点で際立っていました』
とのコメントをいただけました。これはホントに嬉しかったですねぇ。

今回やった曲「終(つい)」は、去年やった「CrazySmoke」とは歌詞のテーマも曲調もテンポもいろいろ違う感じなんですけども、それでも"MASTらしさ"が伝わったというか、MASTがMASTとして認知されたと言うか。。。そういう嬉しさがありましたねぇ。

指摘も何点かいただきました。内容はまさに「ごもっとも」と言ったもので、年末のブログで『2015年は質を上げる』なんて書きましたが、ものの見事にその点をズバリ指摘されちゃいましたよ〜。

そう言った意味では、僕らの方向性や直近の課題とかは、あながちズレてもいないのかも、とちょっと自信も出ましたね。

イベントが終わった後にも審査員の方とちょっとお話しできたんですが、いやぁ、僕らの選曲の狙いとか、昨年との違いを見せようとしたポイントとか、完全に見抜かれてましてw
う〜んなるほど、プロの耳ってのはすごいもんだなと。そんなことを思った次第でした。

それにしてもこのイベントってホントに充実の内容です。
音楽やってる人っていっぱいいるじゃないですか。その中には名前だけ知ってる方とか、お会いしたことはあるけど演奏をお聴きしたことがない方とか、僕らのライブを見に来てくれたのにも関わらずこっちはまだライブを聴きに行けていない方とか、最後のはもはや完全にMASTがダメで早く聴きに行けって話なんですけども。
そういう方々がいっぱいいるわけですよ。そんな皆さんが一同に介して、自分の本気の一曲を演奏するわけです。
こんなに効率良くいろんなミュージシャンの魅力を知れる場もなかなかないですよ(効率てw

あと、今回すごく嬉しい事が!初めてお会いした方から「MASTさんのブログが面白くて」とのお言葉をいただきました!
初対面のミュージシャンの会話がいきなりブログ評価ですからね!音楽面ではなくwww
いやぁもう、嬉しかったですね。天にも昇る嬉しさとはまさにこのこと。というかちょっとだけ召されてたかもしれない(死ぬな
ブログ、2010年から始めました。今度の4月でもう丸5年になります。まぁ更新はしょっちゅうサボってるんで、マメにやってる人の2ヶ月分くらいの密度しかないですけどもw
でも内容的には、自分のひねくれた物の見方だったりキャラクターだったりを、まっすぐ伝えるようにしてきました。なにやら曲がってるのか直線なのかよーわからん文章ですが、例えるならばストレートなカーブを投げるってなイメージでしょうか(全然わからん
それでもそんなスタイルで続けてきて、結局はいつも妙なことばっか書いてるだけなんですけど、それを気に入ってくれる人もいる。一つの形として認めてくれる人もいるんだなぁ、と。このあたりもちょっと自信になりましたね。

自分的に「これだ」ってのをひたすら続けることの大切さを、改めて思い知った感じです。

音楽もブログも人間性も、万人ウケするものではないと思うけど(wwwww)
"MASTだよね"って思われるようにあり続けたい、そんなことを思ったのでした。

広告
posted by MAST at 22:17 | Comment(0) | 音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。